抱っこ

静かな郊外で暮らす

第二の人生は早めの準備が大事です。
例えば、静かな郊外で余生を過ごしたいという場合も、物件について確認をしておいたほうが良いことがたくさんあります。

例えば、これから開発ラッシュにあわないか調べておく必要があります。
開発ラッシュというのは、駅などが建設される際に駅周辺でも開発が見られるようなケースです。
開発ラッシュの際は、若者などが住みやすい街を目指すため、ハッキリ言って煩い環境が周辺に誕生してしまう・・・と思ったほうが良いでしょう。
このような開発ラッシュは、現代であれば1年足らずで終了してしまうため、早い段階で知っておかないと損をしてしまうのです。

それと、静かな郊外で暮らせそうか?もチェックしておいたほうが良いです。
お金の問題ではなく、すでに人気になってしまっている土地では、空き家も含めて入居者が多いため、かなり急がないと入居予定の状態にすることもできません。
なので、自分が住みたいと思っている土地が見つかった際は、その土地で不動産を取り扱っている業者と仲良くしておいたほうが良いでしょう。

最近では、老人用のシェアハウスまで存在しますので、将来的にシェアハウスを考えているのであれば、そのような要望もハッキリと伝えておくようにしましょう。
老人用のシェアハウスは想像以上に素早く入居者が決まってしまいます。
誰もが第二の人生は早めの準備が大事と思っている証拠でもあるので、入居に関しては素早い対応が必要となるのです。
もしくは、建設予定の間にモデルハウスなどを見学しておくようにしましょう。
老人が住むことを考慮して建てられている物件は着々と増え続けているので、このような物件を知っておくだけでも第二の人生は違ってきます。

田舎で暮らす

あまり忙しない毎日を送りたいという場合、田舎で生活されることをオススメします。

また、田舎と言ってもド田舎と言われているような田舎に済むことはオススメできません。
ライフラインがしっかりとしている、施設が自動車で30分以内に存在することを確認して移住すると良いです。
これらが守られていない場合、段々と人のいない土地になっていくことが多いため、不便な生活を強いられることが多いので注意しましょう。
どちらにしても、車は必須になるので忘れずに自動車保険に加入することをオススメします。
自分では大丈夫だと思っていても、体の衰えや老眼で若い時よりも事故を起こしやすくなります。
保険料の安い会社を選べばそこまで負担にならないので、よく比較して選びましょう。
オススメ比較サイト:
自動車保険のランキング2019年版 オリコン顧客満足度|調査企業19社の比較・クチコミ・評判

それと、ド田舎の場合は人付き合いにも特殊なルールが存在します。
そのため、生活していて億劫になるようなこともあり、人によっては生活そのものが難しいと感じる人までいるのです。

田舎で生活する場合、自給自足についてアドバイスをいただけるのかも確認しておいたほうが良いです。
近年では、土地の一部を分け与えてもらえるケースも増えていますので、そのような土地で悠々自適な毎日を送るようにしましょう。